一定期間更新がないため広告を表示しています

いつプレイ

ンタクトジャグリングは血液の流れをコントロールする道具とも言えます。
使い方を間違えると体調不良を起こしてしまいますので、注意が必要です。
逆に言えば、コンタクトジャグリングを効果的に使うことで、自分の体調を計るバロメーターになります。
いつ練習するかは人それぞれ生活リズムによって違いますが、
<朝起きた後>、<お風呂の後>に練習するのが効果的でしょう。

<食後><アルコール後>は危険です。注意しましょう。


《その1》 朝はバロメーター
バロメーター人の体調や気分は毎日変化します。不調もあれば好調のときもあります。自分で体調を見極めるときに毎朝の習慣はとても参考になります。

コンタクトジャグリングの場合、普段よりボールの軌道が不自然だったりすると不調です。心身が緊張し、リラックスできていません。
温かいモノでも飲んで一服し、落ち着かせましょう。
今日は集中力が切れてボロが出ないように、慎重に進めましょう。

無意識での集中力(Flow<没頭>)が持続する日もあります。ボールが滑らかに軌道し、思うがままに操れる日は好調です。
今日の脳は冴えているモードなので、お仕事でもランナーズハイ状態へと集中力を高められるでしょう。


ジャグリングを毎朝に習慣付けることで脳を明晰にさせましょう。テレビ番組の占いで一喜一憂するよりも、より現実的に自分を測るバロメーターとなります。



《その2》 ベストプレイが出る入浴後
ベストプレイ入浴後は血液循環が良く、全身に血液が行き渡り、筋肉が柔和な状態です。心身がリラックスしている状態でクリスタルボールと身体が一体化したベストプレイが出ます。

きっと今朝練習したときよりも、上達していることに気付くでしょう。しかし、調子に乗って長時間練習しすぎるとのぼせてしまいます。気持ち良いところで区切りをつけて、次の日の朝まで待ちましょう。

就寝前までやりすぎると脳が働きすぎて安眠を妨げます。
そういう時は、手ではなく足裏マッサージすることで五臓六腑を活性化させ眠気を誘いましょう。快眠が翌朝のプレイに繋がるのです。




《その3》 食後、飲酒後の危険性
吐き気食後や飲酒後にコンタクトジャグリングを練習することは危険です。
パーティーなどでパフォーマンスされる方は注意しましょう。
ミュージシャン、スポーツ選手、役者などプロの方は本番前の食事を避けるそうです。コンタクトジャグリングは反射神経と運動神経を同時に使います。身体を軽くしておかなければ瞬間的な動きに耐えられません。

さらに、食後での練習は胃の中のモノを異常なスピードで消化させるため、むかつきや吐き気を催す恐れがあります。アルコールも全身に廻り酒豪の方でも気分が悪くなってしまいます。
ゆっくり消化してから本番、練習に臨みましょう。






円に円《その4》 球・円・廻のリズム
角のない球体を操ろうとしているに、心身が尖っていては意味がありません。
まずは焦らず自分のペースでゆっくり練習していきましょう。
良い生活リズムと共に、華麗にプレイができたら最高だと思います。









THIS IS CONTACT JUGGLING
Side bar
Profile

SideBar














Search this site.
PR