一定期間更新がないため広告を表示しています

76mm tut

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 - ワンボール編 -
を投稿後に強い反響をいただきました。

回はマルチボール編です。
僕の主観ですが、ワンボールの基礎を習得してからマルチボールを練習した方がいいと思います。
理由は単純で、ボール個数が多いからです。
ジャグリングは1個ずつ丁寧に面倒をみてあげないと華麗なパフォーマンスとは成り得ません
自分の上達とともにボール数を徐々に増やしていくのが理の当然と思うからです。

ただ例外もあります。
同時に複数交際を得意とする方もいます。浮気もばれずに万人を満足させられる方。
また、ビジネスシーンでも徹底したスケジューリング管理から、複数のプロジェクトを同時に進行できる方もいます。
日常生活では、片手で携帯メール打ちながら、テレビの内容を理解し、友人の話も聞き取れている聖徳太子の様な方。
そういった方はまさにマルチボールの使い手と呼べるでしょう。
綱渡りのような中毒性ドキドキ感の連鎖から抜け出せれないようにどうかご注意を

丸いブログ監修
【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 - マルチボール編 -
それではどうぞ。


-詳細-
UK在住のDrew Batchelor(multiballtutorials)さんはGood Musicと一緒にマルチボール講座を公開しています。
彼はコンタクトジャグリング普及のためにも、解説動画をGo Get a Copy(どんどんコピーして)と言っています。
マルチボールの基礎であるパームロールを中心に動画を集めてみました。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その1>

《2ボールパームロール・2 Ball Palm Spinning》(UK,2010)
・マルチボールでも基礎となるパームロール。(with Good Music)
両手で右回り・左回りバランスよくどちらもできるように。
カラーボールを1つ混ぜると視覚的に練習することができるため、オススメです。(参考:1分33秒〜)



【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その2>

《3ボールパームロール・ 3 Ball Palm Spinning Thumb & Pinky Lifts》(UK,2010
・マルチボールでも基礎となるパームロール。(with Good Music)
片手に3ボール。難易度が高いです。水平を意識しましょう。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その3>

《3ボール カスケード&シャワー・ 3 Ball Cascade & Shower》(UK,2010)
・ジャグリングの醍醐味。カスケードとシャワーです。Part1 (with Good Music)
両手をくっつけた状態で8の字(∞ <無限>)の軌道を描くことを意識します。
 


【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その4>

《3ボール カスケード&シャワー・ 3 Ball Cascade & Shower》(UK,2010)
・ジャグリングの醍醐味。カスケードとシャワーです。Part2 (with Good Music)
手が入れ替わる瞬間に集中。さらに大きい8の字(∞ <無限>)の軌道を描くことを意識します。



【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その5>

《4ボールライン(死蛇)・4 Ball Lines (Dead Snakes)》(UK,2010)
・常に整列を意識するライン。(with Good Music)
列を乱さずにゆっくり動かしましょう。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その6>

《4ボール スネーク・4 Ball Snakes)》(UK,2008)
・生きた蛇。擬人化が4ボールコンタクトジャグリングの醍醐味です。
ライン(死蛇)とは逆に流れ(Flow)を意識しましょう。
ワンボール講座でおなじみのbrinechildさんのマルチボール講座です。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その7>

《4ボール代数幾何・4 Ball Morphness》(UK,2010)
・ラインとスネークを組み合わせ。
点と点が線と線へ。面となり、立体へ。コンタクトジャグリングは代数幾何。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その8>

《2ボールパームロール×2・2 Ball Palm Spinning*2》(UK,2007)
・2ボールパームロール×2。
片手習得後は同じ動きを両手でプレイしてみましょう。半拍ずらしてもGrooveが生まれます。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その9>

《2ボール・ラチェット(つめ車)・2 Ball Ratchet編》(UK,2007)
・ワンボールでも使えるテクニック。




【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その10>

3ボール・ラチェット(クロック)&サクラ・・3 Ball Ratchet(Clock)&Sakura編》(Japan,2009)
・抜群のマルチボールスキルを持つ日本人ジャグラーsakuyubox氏。
2009年にyoutubeに公開された華麗な3ボール・クロックと、5ボール・サクラは難易度高。

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その11>

《3ボール・ラチェット(クロック)・3 Ball Ratchet(Clock)解説編》(US,2009)
・2009年に公開されたsakuyubox氏のクロック(Clock)を米国人が解説しています。(英語)

【最も解り易い】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その12>

《8ボール・キューブ・8 Ball Cubes》(US,2011)
・4点で一面を作ります。線対象(シンメトリー)を意識しましょう。

【番外】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その13>

《ピラミッド×2・4 Ball Pyramid*2編》(Spain,2008)
カラーボールピラミッドの連鎖。

【番外】コンタクトジャグリング基礎講座 −マルチボール編− <その14>

《ピラミッド・4 Ball Pyramid編》(Argentina,2008)
・みんなでやれば楽しいはず。アルゼンチンの一幕。





THIS IS CONTACT JUGGLING.
Side bar
Profile

SideBar














Search this site.
PR